pageのtopへ

WEEK kamiyama

ワークショップ

8/26

8/26 神山で民泊を語る会

宿という場所が「観光」を超える意味や役割りを持てるのか?

私たちWEEK神山にとっても模索中の大きな課題です。

今回、全国の宿を渡り歩いている旅の達人、井門隆夫さんをお招きして「民泊」をテーマに最新の事例や動向をご説明いただくとともに、これからの地方と宿の関係について皆で話しができればと思っています。

キーワードは「泊食分離」「兼業促進」「地方での創業支援」「地域交流の場としての宿」など。

 


 

第一部

午後5時~6時50分

セミナー「民泊問題の背景と真実」

グループトーク「民泊について語ろう」

参加費1,000円 (ドリンクお菓子付)

 

講師:井門 隆夫(いかど たかお)

「旅館マエストロ」と呼ばれ、全国の旅館を知り尽くした専門家。これまで見てきた旅館は1,000軒以上。観光地や旅館の事業診断、事業計画、商品開発を仕事とするかたわら、利用者としても各地の宿めぐりを楽しみ、おいしい食と酒を堪能。高崎経済大学地域政策学部観光政策学科准教授

 

進行役:隅田 徹(すみた てつ)
株式会社神山神領( WEEK神山)代表。「地域に根ざした宿」を模索するかたわらで神山のサテライトオフィス(えんがわ)にて映像の保存事業に取り組む。

 


 

第二部

午後7時~9時半

交流会「井門さんを囲んでみんなでごはん」

WEEK神山の夕食は来訪者の方と地元の住民が同じテーブルを囲む「みんなでごはん」というスタイルです。この日は井門さんを囲んで地元の新鮮食材を使った料理を食べながら民泊や地域の宿や食について、ざっくばらんな話しができればと思っています。

参加費3,000円(ドリンク代別)

 


 

お得な宿泊セット(1泊2食、第1部・第2部参加費込み)

お一人様税込10,800円(個室)、8,640円(相部屋)

 


 

申し込み方法:下記のアドレス宛にメールでお申し込みください。

contact (at) week-kamiyama.jp ※ (at)を @ に変更してください。
メールの件名は「8/26民泊を語る会」として、お名前(よみがな)、参加人数、連絡用電話番号、

参加コース(第1部、第2部、宿泊セット)をご記入の上ご送信ください。

お問い合わせは:WEEK神山

771-3421 徳島県名西郡神山町下分地野57 050-2024-4956

当日のカリキュラム

第一部
午後5時~6時50分
セミナー「民泊問題の背景と真実」
グループトーク「民泊について語ろう」
参加費1,000円 (ドリンクお菓子付)

第二部
午後7時~9時半
交流会「井門さんを囲んでみんなでごはん」
WEEK神山の夕食は来訪者の方と地元の住民が同じテーブルを囲む「みんなでごはん」というスタイルです。この日は井門さんを囲んで地元の新鮮食材を使った料理を食べながら民泊や地域の宿や食について、ざっくばらんな話しができればと思っています。
参加費3,000円(ドリンク代別)

日時
8/26
場所
WEEK神山
定員
第一部 20名ほど 第二部15名ほど
講師
井門 隆夫  旅館マエストロ
受付〆切
2016年08月23日 00時00分
参加費
第一部 参加費1,000円:(ドリンクお菓子付) 第二部:参加費3,000円(ドリンク代別) お得な宿泊セット:(1泊2食、第1部・第2部参加費込み) お一人様税込10,800円(個室)、8,640円(相部屋)
備考
講師のプロフィール

井門 隆夫

旅館マエストロ

「旅館マエストロ」と呼ばれ、全国の旅館を知り尽くした専門家。これまで見てきた旅館は1,000軒以上。観光地や旅館の事業診断、事業計画、商品開発を仕事とするかたわら、利用者としても各地の宿めぐりを楽しみ、おいしい食と酒を堪能。高崎経済大学地域政策学部観光政策学科准教授

ワークショップトップへ戻る