pageのtopへ

WEEK kamiyama

小屋づくりワークショップレポート【建設編 / 大工さんの専門知識を教わり建ててみる】

7月8日(金)〜10日(日)の2泊3日で小屋づくりワークショップ【建設編】が行われました。

今回はその3日間の様子をお伝えします。

トラック1台がそのまま入れるほどの大きい入り口。作業場となった荒井工務店。

トラック1台がそのまま入れるほどの大きい入り口。作業場となった荒井工務店。

電動のこぎりを使ってほぞを作る作業、のこを使いほぞ穴を作る作業と組み立て前の準備作業です。
この木材の加工は講師である地元大工、荒井さんの荒井工務店で行われました。

講師の伊藤さんも共に汗をかきながら真剣なまなざしで取り組みます。

講師の伊藤さんも共に汗をかきながら真剣なまなざしで取り組みます。

のこと金槌を使いながらほぞ穴を作る作業は1日目午後と2日目午前中と長時間の作業となりました。

のこと金槌を使いながらほぞ穴を作る作業は1日目午後と2日目午前中と長時間の作業となりました。

2日目午後からは場所を移動し、実際に小屋を組み立てていきます。

つくったほぞとほぞ穴を合わせていきながら組み立て作業をしていきます。

つくったほぞとほぞ穴を合わせていきながら組み立て作業をしていきます。

ほぞ穴を使って組み立てた後は電動ドリルを使ってビスを入れ固定していきます。 参加者は荒井さんに教わりながら、作業をしていきます。

ほぞ穴を使って組み立てた後は電動ドリルを使ってビスを入れ固定していきます。
参加者は荒井さんに教わりながら、作業をしていきます。

また屋根を作っていく作業では脚立を使いながらここでもビスを入れ組み立てていきます。

また屋根を作っていく作業では脚立を使いながらここでもビスを入れ組み立てていきます。

3日間の作業では骨組みまでを完成させることができました。 壁を作る作業など、残りの仕上げは荒井工務店さんと地元参加者が今後も引き続き作業をしていきます。

3日間の作業では骨組みまでを完成させることができました。
壁を作る作業など、残りの仕上げは荒井工務店さんと地元参加者が今後も引き続き作業をしていきます。

今回の建設編では実際に参加者が自らの手で作業をしながら協力し合い、ひとつの小屋を建設しました。
3日間WEEKに宿泊しながら作業を共にすることで参加者同士の関係も深まり、新たな知識や技術を身につけられた充実したワークショップとなりました。

(文・写真 宮本 拓海)

2016年7月21日