pageのtopへ

WEEK kamiyama

映画『おだやかな革命』特別上映会と交流会 @WEEK神山


<<スタジオ しわしわ プレゼンツ>>

**特別上映会と交流会のお知らせ**
岐阜県石徹白から、映画でも紹介されている平野彰秀さんと平野馨生里さんが神山に滞在されます(9月21日〜23日)。

9月23日(日)の一般上映会にさきがけて、21日(金)WEEK神山にて特別上映会と交流会を開催します。18:00からの映画上映会に続き、平野さんご夫妻を囲んでの交流会を設けております。実践的で活発な意見交換会の場となりますよう、当日は軽食をつまみながらの座談会を予定しております。「山奥、石徹白」から七ツの坂を八ツ超えて、「山国、神山」に平野さんご夫妻をお招きしての交流会です。皆さま、奮ってのご参加をお待ちしております。

【日】9月21日(金)
【場所】WEEK神山
【時間】18:00〜上映会
19:40〜交流会
【映画鑑賞料】神山町民500円(一般1,500円、大学生1,000円、以下無料)
*交流会に参加の方は、一律500円
【交流会参加】2,500円(軽食付き)

平野彰秀さんは、集落全戸出資による小水力事業を石徹白で興し、縄文時代から続く集落の未来を開拓されています。
奥様の馨生里さんは、石徹白に伝わる農作業着「たつけ」と出会い、先人の叡智を広める活動をされています。

お二人の活動を、神山の歴史と共にご紹介するイベントも、9月22日(土)、23日(日)と二日間、神山町農村環境改善センターで開かれます。是非、そちらにもお立ち寄りください。

 

** 映画『おだやかな革命』について **

日本各地で、いま、「エネルギーから暮らしを見つめなおす」革命が始まっています。

映画の主人公は、「自分らしく」生きながら「現代社会が見失った本当の豊かさ」を追い求め、「幸せのカタチ」を自らの手でつくりあげている人たち。移住者も地元の人たちも一緒になって、「自分たちの町を次の世代につなげてゆこう」と実践してる地域のお話です。

自分たちでエネルギーを賄えたら、大きなシステムの都合に左右されずに、豊かに暮らせる。
毎日の、当たり前の有り難さに気付かせてくれる映画です。

全国的に話題となっている本作ですが、徳島県での上映は滅多にございません。
是非この機会にご覧ください。

↓2分間の予告編に、「新しい価値観」のヒントが詰まっております。

映画で取り上げられているのは、次の5つの地域と活動です。
1. 会津。原発事故後に福島県の酒蔵が立ち上げた「会津電力」
2. 飯館村。放射能によって汚染された土地で、畜産農家が立ち上げた「飯館電力」
3. 岐阜県石徹白。集落の存続のために100世帯全戸が出資をした「小水力発電」
4. 秋田県にかほ市の「市民風車」
5. 岡山県西粟倉村。自主自立を目指し、「森林資源」を生かしたビジネスを立ち上げる村の取り組み

当館でのイベントの詳細は下記のリンクをご確認ください。

映画『おだやかな革命』特別上映会 9/21(金)@WEEK神山

映画『おだやかな革命』特別上映会と交流会 @WEEK神山

関連イベントの詳細は、以下のリンクをご参照ください。
『神山のもんぺ、石徹白(いとしろ)のたつけ』展

石徹白洋品店『たつけ』公開制作会(見学無料)

映画『おだやかな革命』上映会 9/23(土)@神山町農村環境改善センター

▼画像をクリックすると、各イベントのチラシ(表裏)がご覧いただけます。

 

2018年9月9日